おうちSTEAM

ダイソーの手作り石鹸を作ってみた!材料が揃って便利なキット

ダイソー キラキラ石鹸
ママ
ママ
  • 子供と一緒に夏休みにできる工作はある?
  • ダイソーの手作り石鹸キットはどう?
  • 綺麗な石鹸はできる?
  • 家で準備するものや道具は何が必要?
  • どうやって作るの?

といった疑問に答えていきます。

結論から言うと、ダイソーのキットで綺麗な石鹸が簡単に作れました。

ほとんど家にあるもので完成します。

“みやこ”
“みやこ”
便利な手作り実験セットです

※れおちぃさんと年長の息子さんの体験談をmiyakoが記事にしています。

対象年齢は10歳以上です。9歳以下のお子さんがやる場合は、大人が一緒に行ってください。

手作り石鹸の材料がダイソーで手に入る

ダイソー キラキラ石鹸

ダイソーのきらきら石鹸セットは、グリセリン石鹸です。

熱で溶かして、冷やして作るグリセリン石鹸の材料はAmazonなど大手ショッピングサイトでも購入できますが、最安値でも700円くらいします。

100均で手に入るのは嬉しいですね。購入したダイソーでは、画用紙や絵の具など文房具の材料コーナーにありました。

早速、箱の中身をみていきましょう。

キットの中身

ダイソー キラキラ石鹸

キットに入っていたのは以下の二つです。

キットの中身
  • せっけんのもと……1袋
  • せっけんの型……1つ

せっけんの型は貝殻型とヒトデ型の白いプラスチック製のものです。手のひらサイズ。一つのトレーに3つの形が入っており、一度に3つ完成するようになっています。

ダイソー キラキラ石鹸こんな石鹸が出来ます

準備

準備するもの
  • 紙コップ
  • かきまぜ用の割り箸

※色づけする場合は食紅やラメなど

紙コップはせっけんのもとを電子レンジで溶かすために使います。紙コップも割り箸も特別なものは必要ありません。

使うもの

  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫

使うのは石鹸のもとを溶かすための電子レンジ。そのあと、石鹸を冷やすので冷蔵庫を使います。

ダイソーの手作り石鹸!作り方

ここからは作り方を説明していきましょう。

作り方

ダイソー キラキラ石鹸

1、せっけんのもとを紙コップに入れる

※色づけしたい場合は食用色素、ラメを入れる場合はこのときに入れます

ダイソーのキットの中にはせっけんのもとしか入っていないため、今回は型にラメを入れてアレンジしてみました。

今回は食用色素などで色づけしませんでした。

2、電子レンジ500Wで約20秒あたためてせっけんのもとを溶かす

ダイソー キラキラ石鹸

20秒あたためると、せっけんのもとがすっかり溶けていました。

3、せっけんをよく混ぜる

割り箸で混ぜていきます。

4、紙コップのフチをとがらせて型にせっけんを注ぎ入れる

ラメを入れておいた型に、溶けた石鹸を入れていきます。

5、冷蔵庫に入れて30分冷やすと固まる

ダイソー キラキラ石鹸

固まったら型から出して完成です。

まとめ

ダイソー キラキラ石鹸

ダイソーのきらきら石鹸キットは本当に驚くほど簡単にできました。

ダイソーの手作り石鹸キットは必要なものがすべて揃っているので、簡単に出来ました。また、グリセリンソープは失敗もしづらいので子供と一緒に実験するのには最適です。

トロトロに溶けたせっけんを、型に流す作業はお子さんと一緒にやるときっと楽しいですよ。できた石鹸を自分の作品として、大事に使う気持ちも芽生えやすいです。

よかったら皆さんもダイソーの実験キットで手軽におうち実験してみてください。

体験した人
“れおちぃ”
“れおちぃ”
手作りや実験、何よりもカラダを動かす事が大好きな息子(2014年生まれ)のママです。
「子どもがチャレンジしたい事は、たくさんやらせてあげたい!」と言う気持ちを大切に、子どもと一緒に楽しみながら、子どもの気付きを大切にしていきたいと思っています。

▼その他の手作りおもちゃの体験談はこちらから▼

ダイソーのあわボム

ダイソー アワボム
ダイソーの泡ボムを作ってみた!ブクブク出てくる泡実験が面白いダイソーのおうちでできる実験シリーズ、泡ボムってどう?作り方は?お風呂で使える?といった疑問に答えていきます。実際に作った体験談です。...