おうちSTEAM

ダイソーの泡ボムを作ってみた!ブクブク出てくる泡実験が面白い

ダイソー アワボム
ママ
ママ
  • ダイソーの泡ボムってどうなの?
  • どうやって作るの?ちゃんとできる?
  • お風呂で使えるの?

という疑問に答えていきます。

自宅で子供と実験しようとすると作り方を調べたり材料や道具を揃えたりする手間がかかりますが、セットを購入すれば簡単。

けれどその分、必要最低限のものしか入っていなくて成功するかどうか分からないという不安もあるのではないでしょうか。

結論から言うと、今回はダイソーのセットで丸い泡ボムは完成しませんでした。

けれど失敗しても遊びにつなげる子供の様子を感じられて、とても良い体験ができたそうです。

今回の記事では、ダイソーの泡ボムで実際に遊んだ体験談をお伝えしていきます。

※れおちぃさんと年長の息子さんの体験談をmiyakoが記事にしています。

ダイソーの簡単実験セット

ダイソー アワボム

今回遊んだダイソーの実験セットはこちらです。

ダイソーの折り紙やねんどなどのコーナーに並んでいることが多い商品です。

対象年齢は6歳以上

幼児さんが作る場合は大人の方が必ずそばで見守ってあげてください。

ダイソーの泡ボムの作り方

ここからは準備するものと内容を作り方をみていきましょう。

セット内容と準備するもの

ダイソー アワボム
準備するもの
  • 塩、大さじ一杯
  • 霧吹き
  • スプーン
  • お湯

家にある日用品で済むのが嬉しいです。

また、準備するものはパッケージの裏側に書かれているのでお店で確認して不足があればダイソーで一緒に購入しておくことをおすすめします。

ちょっとアレンジ

キットで作れるのは基本の丸い型です。色づけしたい場合は、食紅を入れましょう。

中に小さなマスコットやラメを入れても面白いですね。

作り方

 

ダイソー アワボム
  1. 泡ボムのもと2種類と塩を入れ、スプーンで混ぜながら霧吹きをかける
  2. 混ざったら泡ボムの殻に入れる
  3. 殻に入れたまま乾燥させる

材料をボウルに入れて、霧吹きで水をかけていきます。

スプーンでかき混ぜていくと粉がしっとりしてくるのが分かります。十分混ざったらあわボムの殻に入れていきます。

ダイソーの泡ボムはお風呂で使える?

ダイソー アワボム

型に入れて乾燥させて……と思ったのですが今回は失敗。ブクブクと発泡してきてしまいました。水を入れすぎてしまったようです。

丸い型で作るのはなかなか難しく、乾燥までいかなかったので今回はお風呂に入れられませんでした。

れおちぃさんの感想

たまに、恐竜などが出てくる百均のバスボムを買って、お風呂に入るのを楽しみにしていた息子ですが、自分で作れるとなったらものすごくテンションがあがっていたにも関わらず、水の入れすぎによって失敗。

がっかりしてしまうかと思いきや、カプセルの中からブクブクと発泡している泡を見ているのも楽しかったようでボウルの中でプチあわボム遊びがはじまり、マスコットもボウルの泡風呂できれいにしてあげていた様子を見て、お兄さんになったなー。失敗しても新しい遊びにつなげる事が出来ている様子を見る事ができ、ほっと一安心。

息子の成長に助けられました。

一年前だったとしても、きっとダダをこねて気分転換に時間がかかったと思います。

しかし、次にまた実験する約束も出来たので、失敗経験も次に手作りをする時に気をつけるべき事を知る事がわかり、前向きにとらえるよい経験になったと感じる事が出来ました。

お水をいれすぎるとどうなるかと言う学びにもなったので勉強にもなり、笑える楽しい時間を過ごす事が出来ました。

それにしても、どんどんあふれてくる少し固めの泡を見る経験は面白かったです。

まとめ

今回はダイソーの泡ボムで遊んだ体験談をお伝えしました。

想定していた通りの、まんまるの泡ボムは完成しませんでしたが失敗しても楽しい遊びに繋げることを学んだ息子さん。お子さんの成長を見守るお母さまの視点も素敵ですね。

皆さんも、よかったらダイソーの泡ボムで遊んでみてください。

体験した人
“れおちぃ”
“れおちぃ”
手作りや実験、何よりもカラダを動かす事が大好きな息子(2014年生まれ)のママです。
「子どもがチャレンジしたい事は、たくさんやらせてあげたい!」と言う気持ちを大切に、子どもと一緒に楽しみながら、子どもの気付きを大切にしていきたいと思っています。

▼その他の手作りおもちゃの体験談はこちらから▼

ピカちんキットで手軽におうち実験をやってみた!『水に浮かぶ文字』 ダイソーで売っているピカちんキットシリーズは、おうち実験に最適のキットですよ。 今回の記事では「ピカちんキット!水に浮かぶ文字...