絵本

スウェーデンの絵本と北欧雑貨!プレゼントにも向いてる

北欧デザインはお好きですか?

私は北欧インテリアが好きでマリメッコの生地をみつけると、とてもテンションが上がります。

子供の頃、ムーミンの小説を読んでいたので大人になった今、ムーミンバレーパークに早く行きたいー!と思っているほど北欧ラブです。

ファブリックデザインもインテリアも魅力的なスウェーデン、実は社会福祉制度が整い、公的な保育サービスが手厚い子育て先進国としても知られています。

“みやこ”
“みやこ”
スウェーデンのママパパは絵本の読み聞かせもたくさんしてるそうです

北欧のパパさんたちは子供に絵本を読む機会が多いのだとか。北欧の子供たちは、スウェーデン作家の絵本をたくさん読んでもらってるかもしれませんね。

今回の記事では、スウェーデンの作家エルサ・ベスコフの絵本と絵本関連グッズをご紹介していきます。美しい絵本と、かわいい雑貨が出てきますので、ぜひご覧くださいね。

この記事をおすすめする人
  • 北欧雑貨が好き
  • 北欧発の絵本に興味がある
  • 小さい子へのプレゼントを探している

スウェーデン作家の絵本

まずはスウェーデンの作家、エルサ・ベスコフの絵本を2冊ご紹介していきます。

ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん

【あらすじ】

主人公のプッテはブルーベリーとこけももを森に探しに行きます。

お母さんの誕生日の贈り物にするつもりなのです。けれどどこにも見つかりません。

そこにブルーベリーもりの王様を名乗る、小さなこびとのおじいさんが現れます。

王様が持っているつえでプッテにさわると、たちまちプッテは王様と同じくらいに小さくなりました。王様と一緒に森に入っていくプッテが出会ったものとは……

内容

主人公の男の子が小さくなって森の王様と一緒に森の中に出かけるというファンタジックな物語。挿絵が本当に綺麗で、思わず読みながら見入ってしまうほどです。

出てくる子供たちや妖精のお洋服がとっても可愛い!可愛いだけでなく動物や昆虫の描写が緻密です。表紙にもブルーベリーだけでなく蜘蛛やカタツムリが描かれているのが分かりますでしょうか。北欧の森を丁寧に観察して描いたのが伝わってくる絵本です。

少し長いお話です。4歳以降の子向きですが、絵が美しいので1〜2歳頃から一緒に眺めたくなる絵本です。

大切に何度も読みきかせたくなる、美しい挿絵と心温まるストーリーの絵本です。

【みんなの読んだ感想】

エルサベルコフの描くイラストは本当に美しいですね。
大人が見てもその繊細さに見入ってしまいます。
そして,妖精や小人がでてきたりと,エルサベスコフの絵本は絵本の醍醐味ともいえる内容が多く,引き込まれますね。
何度も開きたくなる,そんな1冊に思いました。

絵本ナビ感想より引用

この絵本の挿絵が入ったキッズ用食器セットがあります。

公式サイトでみる

参考価格:5,000円(税込5,400円) 

メラミン製で割れにくく、子供が扱いやすいですよ。

コップ、プレート、ボウルの3点がセットになったものです。

絵本の挿絵が使われています。切り株にちょこんと座った主人公のプッテがとても可愛いですね。

赤い帽子を被っている女の子はコケモモの妖精たちです。白いお皿に鮮やかに映えるコケモモの実が美しいです。

プレートのふちにデザインされたコケモモとブルーベリーが素敵です。

雪のおしろへいったウッレ

【あらすじ】

6歳の誕生日を迎えたウッレはお父さんから新しい、本物のスキーを貰いました。

ウッレは嬉しくて早くすべりに行きたかったのですが、この年はなかなか雪が降りませんでした。クリスマスの2週間前、やっと雪が降りました。大喜びでウッレはスキーを履いて森に出かけました。

そこで出会ったのは真っ白い姿をした霜じいさん。ウッレは霜じいさんと一緒に冬王に会いに行きますが……

内容

雪が深く、冬が長い北欧ならではの舞台設定ですよね。

出てくる子供たちも毛糸の帽子をかぶり、とても可愛いです。元気な男の子ウッレが冬の森へ出かけて体験する不思議な出来事。

トナカイや冬の木々、雪の中を歩くウッレなど挿絵の1ページ1ページが美しく魅了される絵本です。

こちらもストーリーは長く4歳以降の子供に読むのが最適ですが、風景の描写が美しい挿絵は、幼い子にも見せてあげたくなりますよ。

表紙をリビングに向けて飾っておきたくなる、長く大切に読みたい絵本です。

【みんなの読んだ感想】

繊細な子どもの造形が素敵なベスコフの作品なら、と手に取りました。
冬の始まりから、雪解けまで、6歳のウッレ少年の冬体験が描かれます。
クリスマスの2週間前にやっと降った初雪。
誕生日にもらったスキー靴がやっと出番なのですね。
もちろん、行く先には不思議な人々との出会いがあります。
霜じいさんに、冬王さまのお城へ連れて行ってもらったり、
雪解けばあさんに出会ったり。
スキーにスケート、冬の遊び満喫です。
やや長いお話なので、小学生くらいから、じっくり読める時にどうぞ。

出典:絵本ナビ感想より

こちらの絵本も、挿絵が入ったキッズ用食器セットがあります。

公式サイトでみる

参考価格:5,000円(税込5,400円) 

コップ、プレート、ボウルの3点セットです。

赤い帽子を被った主人公ウッレが真っ白な雪の中を歩く姿、とても可愛らしいですよ。

プレートの冬のお城としろくまの配置が、まるでポスターのように綺麗な構図をしていますね。

時期的にも、ストーリーの内容からもクリスマスプレゼントにも最適なセットです。

ぜひ絵本と併せてご覧くださいね。

北欧ステーショナリー

ここからは素敵な北欧の雑貨を2点ご紹介します。

北欧ステーショナリーは、余計な装飾などがなく洗練された形に実用性を備えた作りが特徴です。

固形水彩絵の具9色セット

公式サイトでみる

参考価格:2,500円(税込2,700円)

フィンランドの学校で使われている固形絵の具です。9色セットと12色セットがあります。

水彩画筆1本、塗り絵(A5)2枚付きが嬉しいですね。水さえあれば、どこでも塗り絵をすることができますよ。お絵描きが好きなお子様へのプレゼントにも最適です。一つ持っていると、お出かけや旅行先でも絵の具を使ってお絵描きできますよね。

ミランダ マネーキャット

公式サイトでみる

参考価格:5,500円(税込5,940円) 

印象的なデザイン!猫ちゃんの貯金箱です。頭と胴体を外してお金を出すことができます。

身体の色にグレーを選ぶところにセンスを感じます。胸元のリボンがシンプルなフォルムの身体に彩りを添えていますね。

手描き風のお顔と胴体の模様がなんともいえないお洒落な雰囲気です。大きめのサイズなので、リビングに飾って家族共有の貯金箱インテリアとしても活用できますね。

北欧の絵本とグッズ まとめ

男の子が森へ冒険に行く絵本 「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん」
冬の王に会いに行った男の子の絵本 「雪のおしろへいったウッレ」
持ち運びに便利な絵の具セット 固形水彩絵の具9色セット
お洒落な猫ちゃん貯金箱 ミランダ マネーキャット

今回の記事ではスウェーデンの作家エルサ・ベスコフの絵本と絵本関連グッズをご紹介してきました。

美しく緻密に自然が描かれた挿絵、妖精たちが出てくるファンタジックなストーリー、子供たちに読み聞かせするのに最適ですよ。

寝る前や休日に、ゆっくりと時間をとって大切に読みたい絵本です。

関連の食器は可愛いデザインで、絵本と一緒にプレゼントとして贈るのにも最適ですよ。

海外作家の描く絵本を読むと、その国の暮らしや文化を自然と知ることが出来ますね。

絵本の主人公に親しみを持つと、描かれた国にも興味を持つようになります。

世界の国々に目を向けるきっかけづくりに、海外の絵本は最適ですね。

この記事でご紹介した絵本と北欧雑貨が気に入った方は北欧雑貨のLiLiCoCoでみることができます。

ハイセンスな雑貨が並ぶ北欧雑貨のセレクトショップです。ぜひご覧くださいね。

 

北欧雑貨のLiLiCoCoをみてみる

 

↓おままごとが好きな子には↓

おしゃれな『ままごとキッチン』はどれ?素材別に18選ご紹介。

↓お人形遊びが好きなら↓

お世話人形とは?かわいくておしゃれな人形&グッズまとめ

参照記事:<熱と暮らし通信>世界5カ国の「ワーキングママの育児事情」を徹底調査