このブログについて

サイトをご覧いただきありがとうございます。
『できることからはじめる知育』を運営してます
『はら みやこ』です。
問い合わせ先はこちらです。
このページまでたどり着いていただき本当にありがとうございます。
長くなりますがこのページでは自己紹介とブログの説明をしていきます。

ブログで発信していること

『できることからはじめる知育』は

  • 幼児期から後々の勉強に役立つ取り組みをしたい
  • 手っ取り早く良い教材だけ知りたい
  • 育児本・教育本を読む時間がないから内容だけ知りたい

という方に向けて発信してます。

  • 新しい教材やサービス情報
  • 使った教材のレビュー
  • 子育て中の方に役立つ情報
  • 絵本や図鑑情報

などを載せています。

私が試行錯誤した結果が、今子育てしている方の役に立てたらすごく嬉しいです。

プロフィール

はら みやこ

家族:夫、息子、娘

性格:マイペース

持ってる資格:二級建築士、インテリアコーディネーター、CAD利用技術者。

自己紹介:栃木県出身で都内の私立大卒。建築業界に10年以上務めてます。

大学卒業後、ハウスメーカーで設計担当として勤めたのち結婚と同時に退職。今は建築設備の会社で派遣CADオペレーターとして働いてます。

夫は首都圏出身の専門学校卒。放射線技師として病院勤務してます。

つまり二人とも、高学歴でもなく至って普通の学歴で手に職つけて働いてるタイプ。

本当に普通のド真ん中をいく普通の夫婦です。(←普通言い過ぎ)

おそらく、あなたの知り合いや身近な友人にも似た人がいるのではないでしょうか。

ブログの説明

私が家庭学習を選んだ理由

私が幼児期を通塾させずに家庭教育で行っているのには理由があります。

私は3歳から公文式で先取り教育を受けて育ち、そのおかげで苦労することなく県内上位の進学校に進みました。中学で進学塾に移行したときも上位クラスで入塾できたのは、公文式のおかげだと感謝しています。

ちなみに私の育った時代の栃木県は、公立高校が成績上位を占め、中学受験熱は高くありませんでした。今は公立の中高一貫校があり、状況が違うことを一言付け加えておきます。

きっかけは高校3年生の大学受験のときです。

同じクラスに難関大学を目指す友人が数名いて、優秀な友人たちと自分の勉強法が全く違うことに気づきました。

自分とは「違う教育を受けてきている」人たちは明らかに勉強効率が良く成績も良い。時間をかけても叶わない差がありました。それは中高で培ったものではなく、幼児期から違うのだろうと感じました。

時が経ち就職→仕事→結婚→出産を経験し、いざ子育てをはじめることになったときに

「自分の子供達には私と同じ教育を受けさせたくない。違う方法で育てたい」と思いました。

普通のド真ん中をいく私たちの子ですから、どこまで伸びるかは分かりません。

けれど子供の能力をできる限り伸ばしてあげたいというのは、子を持つ親なら誰しもが持つ願いではないでしょうか。

私自身、公文には感謝をしていますし否定はしません。けれど子供の教育としては選択しないことに決めました。

何が正解かわからないけど、塾やお教室任せにせず自分でやろう、今できることからはじめて、できるだけ自分でやることに決めました。

ブログ名「できることからはじめる知育」はそこから名付けています。

ブログの発信内容と方向性

私の基本の教育方針として、「子供のため」と思って取り組んでいますが見返りを求めないことに留意しています。

これは私と子供の行動を切り離すためです。

というのも、私が労力と手間をかけるほど「これだけやったのに成績が悪い」とか「不合格になった」など成果に拘り、子供を追い詰めてしまいかねません。

また逆も然りで、子供の成績は本人のもので自分の成果ではありません。

私が選ぶものと子供がやりたがるものに乖離が起こった場合は子供に選択権があり、責任は私が持っています。

子供をやる気にさせるのは私の役割ですが、行うのは本人たちです。

そのため子供の成績をブログで公開する予定はありません。(検定など、判定の情報が文の根拠になるものを除きます。)

子供の夢や希望はサポートしていくつもりで、そのために私が選択した教材や考えたことは私自身の行動ですからブログ内で綴っていきます。

ドラマチックな逆転劇もなく赤裸々な体験談でもないこのブログ。身近な友人の体験談だと思って気軽に読んでいただけたら嬉しく思います。

もし興味持っていただけたのなら、またぜひお越しください。

楽天ROOM

私のおすすめ教材や知育玩具を楽天ROOMにてピックアップしています。

【マイルーム▶️コレクション】で

年齢別・ジャンル別におすすめ品を分類してます。

ぜひご活用ください。

コレ!・フォロー大歓迎です。

\\\\毎日更新中////

ブログの情報や配布素材について

著作権について

無料でダウンロードできる素材を配布していますが、著作権は放棄してません。

こちらへの利用報告、リンク報告 、また素材へのコピーライト表示は必要ありません。ご自由にお使い下さい。

そのままの素材はもちろん、加工した素材も素材配布を目的とした二次配布はできません。

公序良俗に反する媒体での使用もできません。

他の方が使えなくなってしまうので意匠登録・商標登録など知的財産権の登録もできません。

素材を利用することで生じた直接・間接的被害および第三者からなされる請求について、責任は負いません。

リンクについて

このサイトで配布される素材はリンクしていただかなくても無料でお使いいただけますが、リンクしていただけたら嬉しいです。

その際のリンク先は「https://haraiku.com/」にして下さい。